FC2ブログ
平成25年10月に我が家にやってきたサビ猫「このは」の日々の生活を日記代わりにお話しします
ううーーうっ
2014年12月09日 (火) | 編集 |
今朝のことです。

屋根に積もった雪が融け始め、

しずくが雨どいを越えて

そのまま地面に落ちています。

和室の外の方から鉄板に何かが当たって

大きな音が聞こえていて、

ご近所迷惑じゃない?という話になり、

様子を見に行くと

先日の工事の際に動かした

犬小屋位の大きさの小屋の屋根に

雪解け水が落ちてあたり、

かなりの音がしていました。

とりあえず、

水の当たらない場所に移動しました。



その作業をこのは

和室の窓から眺めていました。



作業を終え、家に戻るとかみさんが一言。

窓の外を見て「ううーーうっ」と

このはがうなっていたとのこと。

僕が作業しているのをよその人かと思い

うなっていたようです。



いや、もしかして僕とわかっていて

うなっていた?

そうだとかなり寂しいですねぇ。



きっと僕だとは

知らなかったということに

しておこうと思います。




このは

毎朝眠い目をこすって

ご飯の世話しているのは

僕なんなだぞ!

わかってるかな?




ランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村