FC2ブログ
平成25年10月に我が家にやってきたサビ猫「このは」の日々の生活を日記代わりにお話しします
ご飯の話 PART5
2014年05月15日 (木) | 編集 |
昨日の続きです。

ご飯を国産無添加のキャットフード

「マザー.nyan」に切り替えて10日後、

ご飯を残すようになってきました。

それからの5日間徐々に食べる量が減ってきて、

朝の分を一日かけてやっとで食べるようになりました。

日を追うごとにさらに状況が悪くなり、

ご飯をあげても臭いをかぐだけで

なかなか食べようとしなくなってしまいました。




どうも慣れる前に切り替えてしまったため、

このはの中では

切り替えができていなかったようです。

せっかちな僕の責任です。


ただどうしても不安なことは

下痢気味のウンチが続いていること。

これだけはただみているだけでは我慢できす、

改めて、無添加国産のキャットフードを探しました。




そして出会ったのが

「こだわりのジロ吉ごはんだよ!・Cats・オールステージ」でした。

取り寄せてみたところ、サンプル商品もたくさん入れていただき、

早速試してみました。

この商品にはこのは

臭いをかぎつけてか、大興奮でした。

久しぶりにがつがつ食べる姿を見ることができました。

嬉しかったですね。

2日後にはウンチも嫌な臭いもせず、

硬さも普通のものに変わりました。

「こだわりのジロ吉ごはんだよ!・Cats・オールステージ」に変えてから、

1か月を過ぎましたが、今も喜んで食べています。

「こだわりのジロ吉ごはんだよ!・Cats・オールステージ」

久しぶりにがっついてます




このはにはこちらのご飯があっていたようです。

キャットフードを選ぶ際、

そのフードののよしあしだけではなく、

その子に合うかどうかが大切なんですね。

マザー・nyanを与え始めた時に

もっと慎重に時間をかけて切り替えていれば

違った形になっていたかもしれません。

マザーnyanを食べなくなったときに

悪いことに、はじめて風邪の症状が出たのも

あきらめるきっかけになってしまいました。


風邪をひいたいきさつについては

次回お話します。





ランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村